キャリアアップを考えながら転職活動をする どこか別の診療科目で医療の腕を磨いていた医師が、何かをきっかけに耳鼻咽喉科医となることを決意したのであれ...