何を基準に勤務地を選ぶかが重要

耳鼻咽喉科医として働く場合、何を基準に勤務先を選んでいくのかが重要になってきます。
単純に待遇で勤務先を選別する人もいるでしょう。
当然、地域も大切な要素となってくるはずです。
勤務形態に着目し、求人を比較検討していく医師もいるのではないでしょうか。

例えば、病院で外科医として働いていたけれども、当直、オンコールなどが体に堪えるため、耳鼻咽喉科へと転科してキャリアを再スタートさせようと考えた場合、再び当直やオンコールのある病院を選んでしまえば、同じような悩みが出てくることも考えられます。

なぜ耳鼻咽喉科へと転科しようと考えたのか、この答えを無視するような医療施設へと転職してしまったら、その意味が全くと言っていいほどなくなってしまうでしょう。

  常勤か非常勤か

また、常勤として働くのか、それとも非常勤として働くのかによっても、働き方がだいぶ異なってきます。
耳鼻咽喉科はどちらの求人もそれなりの数があるので、勤務形態や雇用形態以外にこだわりを持たないのであれば、求人が見つからなくて困るということはないはずです。

ただ、非常勤となると、給与形態や勤務曜日、勤務体系にもそれぞれ違いが出てきますから、より慎重さが求められます。

  どんな給与形態か

考えたいのが、給与形態について。
常勤の場合には年収いくらという形で提示されますが、非常勤の場合には日給を提示する医療施設がある一方で、時給を提示しているところも少なくありません。
それらとは別に1コマいくら、1回いくらといった給与体系の医療施設もあります。

当然この額にも差が出てくるので、しっかりと確認した上で応募しましょう。
日給で見ると、同じ耳鼻咽喉科医であっても5万円以上の差が出てくることもあります。
給与以外にもチェックしなければならない要素は多々あるものの、1日で5万円の差額というのは決して軽視できない部分となるので、損をしたくないのであれば丁寧な勤務先選びを心がける必要が出てきます。

  働く時間帯などの勤務体系

勤務曜日に関しても、1週間の中から自由に選べるところもあれば、特定の曜日がすでに決められており、その曜日で働ける耳鼻咽喉科医を募集している医療施設もあるので、このあたりも応募前にしっかりと確認しておきましょう。

勤務体系とは、例えば、午前のみなのか、それとも午後のみなのか、といった働く時間帯のこと。
これも医療施設によって求める時間帯が異なります。

常勤を選択し、慣れるまで一箇所で働くというのも一つの考え方。
非常勤を選択し、さまざまな施設や医師の元で知識と技術を学ぶのも、一つの考え方となるでしょう。
自らのキャリアプランに合った勤務形態を選択し、耳鼻咽喉科医としての腕を磨いていくために最適な勤務先を選ぶようにしてください。