転職・転科が成功する鍵は「求人サイト」と「転職エージェント」の存在

何らかの理由で職場を変えたいと考えている医師は少なくありません。
また、診療科目を変更する、いわゆる転科を検討する医師も最近は多くなってきているようです。
自らのキャリアをより良くするために転職や転科を考える、これは非常に価値ある検討であり、決断になります。

ただし、転職や転科は決して簡単なものではありません。
望めば、その結果が必ず手に入れられるというわけではありませんし、転職・転科後に後悔する医師もゼロではないのです。

医師の転職や転科の結果を左右するのは、利用する求人サイトや転職エージェントなどと呼ばれる人材紹介会社であると言われています。
これは決して大げさな表現ではないでしょう。

求人サイトや転職エージェントでは、それぞれ得意分野や取り扱っている求人の数・内容が異なってきます。
中には独占的に特定の医療施設の求人を取り扱っているサイトやエージェントもあり、つまり、そのような求人と出合うためには、それを取り扱っているサイトやエージェントとまずは出合う必要が出てくるのです。

”医師の求人の取り扱いに特化”したサイトやエージェントを選ぶこと

求人サイトと転職エージェントを分けて考える必要もあるでしょう。
前者は自分自身で条件を設定し検索するなどをし、それぞれの求人を比較しながら選別していきますが、後者は各エージェントに所属しているキャリアコンサルタントに相談をしながら求人や医療施設を紹介してもらうという方法で転職を目指していきます。

「医師転職ドットコム」のように、両方の機能を備えたサービスもあります。
「医師転職ドットコム」であれば、時間を見つけて条件によって求人を絞り込みながらチェックすることもできますし、キャリアコンサルタントに相談し、自身と求人をマッチングしてもらうことも可能です。

「医師転職ドットコム」もそうですが、必ず医師の求人の取り扱いに特化したサイトやエージェントを選択するようにしてください。
そのようなサービスの方が情報も集めやすいですし、何よりも医師の求人に特化したエージェントのキャリアコンサルタントは医療業界に精通している人ばかりですから、求人の紹介のみならず、医師としての悩みにも耳を傾けてくれます。

転職すべきかどうかはもちろんのこと、
「耳鼻咽喉科に転科したいと思っているが、需要はあるだろうか」
「自分の経歴で問題なく転科できるだろうか」
などといった悩みにも適切かつ的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

求人サイト同士やエージェント同士を比較することも重要です。
この比較や選別から医師の転職はスタートしていると認識し、丁寧に選んでいくことを心がけてください。

では事項から耳鼻咽喉科医として「耳鼻咽喉科」の診療科目で働きたい医師についてお話を進めていきたと思います。(「耳鼻咽喉科」についての参考サイト:慶応義塾大学病院


画像出典元:https://www.dr-10.com/